精神障害者の社会参加への一助に―釧路「桜の園」の取り組み

私たちは精神障害者を「イコール犯罪を起こしやすい」という偏見と誤解のイメージで見てはいないだろうか。
ただ、これらの人たちが刑事事件の加害者にならないための予防策は必要。

なにより精神障害者にとって、何かあった時に安心して相談できる人が身近にいることが大切である。
そのためには医師やソーシャルワーカー、施設職員など支援者が連携し、関わって行くことが重要で、それによって本人が、その下で自分が見守られ、支えられているていると実感できることが精神的安定と落ち着きにつながるからである。

この理念を実践しようと活動する施設が北海道釧路市にある。
精神科の清水桜が丘病院が運営する「グループホーム桜の園」で、ここでは30~60代の男女20人が生活を共にする。

園の清水正敏施設長(76)によると、その多くは精神科を退院した精神的病歴を持つ人たちで、家族と同居できない場合や本人が自立を望む場合に入居できる。

長い人で5年ほど過ごしたのち市内のアパートなどに移ってゆくとのこと。
また、日常生活は、午後9時から翌朝6時まで玄関を施錠する以外は入居者の自主性を大切にし、職員はその日の予定を聞いて把握する程度で、各自、作業所やデイケア、病院や買い物など自由に過ごす。

入居者が一同に集まるのは朝食と夕食の時で、食堂は親睦や情報交換の場にもなっている。
2005年の開設以来この方針の下施設内で職員と入居者、入居者同士のトラブルは起きていないという。

生体移植への理解を広げよう―「ドナー交流会」

病気の親族らに腎臓などを提供した生体ドナーらの体験談などを聞く交流会が5月18日、「ドナーの会北海道」の主催で札幌市北区の札幌エルプラザで開かれた。

病院のコーディネーターが、移植を検討する際に考慮すべき点などを講演。
約70人が参加して、移植の課題などを学んだ。

脳死や心停止後の臓器提供が少ない日本では、親族間での生体移植が広く行われており、毎年全国で約1400人が腎臓の、約400人が肝臓の生体移植を受けている。

会は札幌市立病院の移植コーディネーターの佐藤真澄氏が進行を担当し、実例を交えながらドナーになる人への留意点などを話し合った。

この中では「自発的な提供希望がドナーとなる前提だが、患者の強い希望が家族への重圧になる」「手術の痛みはあるのか」「術後は普通の生活に戻れるのか」といった不安や悩みに対し、参加者から「ドナーは提供に伴う危険性、メリットとデメリットを正しく理解することが大切」「生体移植はもっと普及が必要、生体ドナーが体験を語り、支え合いを通して移植医療への理解を広げたい」といった指摘や意見が述べられた。

この後、参加者同士の交流が行われ、理解と親睦を深め合った。
主催側は「これから提供を考える方は相談してほしい。移植に携わる医師、看護師、コーディネーターが支援する」と呼びかけた。

看護師はなぜ介護士と一緒に仕事をするのか?

初めまして。

私は現在、東京都内で老健の介護士をしています。
日々、利用者の入浴介助、排泄介助、食事介助、リネン交換を中心に行っています。

看護師は常に専門的な判断を求められる仕事です。

私の施設の看護師さんはバイタルチェック等、利用者の健康を管理する役割を担っています。

しかしそれだけでなく、時間がある時は私たち介護士と一緒に介護の仕事を手伝ってもらっています。
日によっては3時間以上、介護と一緒になり仕事をしています。

看護師さんは、自信の仕事だけでもとても大変です。
しかし、看護師はなぜ介護士と一緒の仕事をするのか。

患者さんを知る上で、患者さんの生活パターンや口癖等を把握することは介護をする上ではもちろん、看護をする上でも重要になってきます。
人の行動を理解するためには、そのバックグラウンドを理解することが一番の近道です。

介護施設の中には様々な利用者がいます。
中には思っていることとわざと反対の思いを口に出してしまう利用者もいます。

しかし、彼らの性格を知っていることで、どのような状態なのか推測が立てられることがあるのです。

このように看護師は、利用者の生活を日々観察した上で、看護の視点からの専門的な判断をして、利用者の健康状態が「普通」なのか「異常」なのかを判断しているのです。
生活観察は、介護士である私たちはもちろん、看護師さんにとっても、なくてはならない「仕事」なのです。

看護師転職サイト「ジョブデポ」の祝い金40万円を確実に貰う方法

看護師転職サイト「ジョブデポ」の転職祝い金は最大40万円。
他の看護師転職サイトに比べても高額の為、「本当に40万円貰えるの?」と疑問に思われた方も少なくないかと思われます。

ネットなどでは「ジョブデポで転職したのに祝い金は貰えなかった!」という声もチラホラ。

しかし、ジョブデポの祝い金40万円をもらう為には3つの条件があるのをご存知でしたでしょうか?
下記に3つの条件を記載しましたので、今一度ご確認してみてください。


ジョブデポから祝い金40万円を支給される3つの条件

①お祝い金申し込みフォームより登録する

ジョブデポには「お祝い金申し込みフォーム」があります。
ここ以外からでは、祝い金が支給されません。

【ジョブデポ「お祝い金申し込みフォーム」登録方法(無料)】

1.下記をクリック

こちら⇒【ジョブデポ看護師】看護師の会員登録プログラム


2.赤枠内をクリック


3.必要事項を記入して「申し込む」をクリック

これで登録は完了です。
サイト内に記載がある通り、本当に1分で出来てしまいます。
登録後は担当スタッフの指示に従ってください。



➁勤務継続90日

ジョブデポを通じて転職をされてから、90日間勤続態度が評価されて初めて祝い金が支給されます。
勤続が90日に満たない、もしくは遅刻や欠勤など勤務態度が悪いと判断されてしまった場合には、祝い金は支給されません。



➂他の求人サイトとの重複登録

ジョブデポ以外の看護師サイトを通じて同一求人を登録してしまった場合は無効になるのでご注意を。
ただ、求人サイトに登録するだけなら問題ありません。

あくまでも「同一求人に応募」しなければ問題ありません。


ジョブデポの祝い金はなぜ高額なのか?

ジョブデポの祝い金が他のサイトに比べて高額な理由は、広告費・宣伝費を掛けていないことです。
その分、「祝い金」という形で看護師の皆様に還元しています。

その為、看護師の方からの人気が高く、祝い金の口コミも広がってきたことから、看護師の転職サイトの中でも人気ベスト3の中に常にランクインしています。
ですので、看護師の皆様からしたら、ジョブデポはかなり嬉しいサイトでしょう。

しかし、近年高額な祝い金目的の「祝い金泥棒」なる人が出てきているのも事実です。
真面目に転職されたい方の為にも、祝い金目的での転職は絶対に止めましょう。

ただ、普通に転職されたい方には最適なサイトですし、ルールを守ればジョブデポは祝い金を間違いなく支給してくれます。

ジョブデポは完全会員制なので、登録後求人を探すことができます。
まずは登録し、ご自身に合ったお仕事を探されてみてください。

ジョブデポのご登録・求人情報はこちら⇒看護師の転職ならジョブデポ看護師【最大40万円のお祝い金】



※ジョブデポの転職祝い金は最大40万円です。
祝い金についてはご登録後担当スタッフまでお問い合わせください。

深刻化する医療現場の高齢化 看護師が求められる業務

最近の医療現場も高齢化が進んでいる。

確かに私が、ときおり病院を訪れてみると、若い人たちの姿は少なく、高齢の方たちがほとんどを占めていた。
そして、お医者様を見てもそうだ。若い医者もいるものの、何歳かはご存知申し上げないが、高齢の方も少なくは無い。
こんな所まで、高齢化の波は押し寄せているのかと、驚愕した。

そういえば、福祉の世界に医療に関することが持ち込まれるようだ。
例えば、痰の吸引。

これは、元来医療行為とされており、福祉の世界では看護士が行っていたのだが、痰の吸引も生活の一部であるとの見解を上が示し、福祉の現場へと入ってきた。

その事に現場は当然のごとく驚いたと思う。
しかしながら仕事なので、数十時間の講義を受け、慣れないながらも痰の吸引を行うのである。受ける身としてはどうなのだろうか。と、考えてしまう。

思うに、業務内容のボトムアップ化が少し前より行われているような気がするのは、気のせいか。

医者が行っていたものの一部を、看護師がやる事になり。看護師がやっていた事を介護しが行う。

そういったスパイラルを目の当たりにして、やはり人員不足が叫ばれているのだなと、感じている。

しかしながら、看護現場は聞くところによると実習生などに対するイビリというものが凄いらしい。

火種の無いところに煙はたたないともいうし、あながち間違いではないのだろう。そういったところを改善していかなければ、この問題も解決できないのではないだろうか。

根性論ではやってはいけないのだ。

小児アレルギーの検査と治療法~大阪赤十字病院での取り組み

2013年に実施された文部科学省の調査によると、全国の公立小中高校の児童・生徒の4.5%、
約41万人に食物アレルギーがあることが明らかになった。

2004年の前回調査に比べ、1.2倍の増加である。
増加の原因は特定されていないが、大阪赤十字病院の住本真一・小児科部長は食生活の変化が関係している可能性を指摘する。

日本小児アレルギー学会などによると、アレルギーの原因となりやすい食品のうち、鶏卵と牛乳、小麦で患者全体の3分の2を占める。
これらの3食品については、小学生になるまでに患者の8~9割が耐性を得るが、ソバやピーナツ、エビやカニなどの甲殻類は耐性がつきにくく、年齢とともに患者の割合が増加する。

食物アレルギーは、病原体から体を守る免疫が、食物に対して過剰に反応することで起きる。食後2時間以内に体中が赤くなったり、じんましんが出たりするのが典型的な症状だが、急な血圧低下や意識障害を伴う「アナフィラキシー・ショック」に至ることもあり、死亡例もある。

大阪赤十字病院(大阪市天王寺区)では、小児アレルギーを起こしやすい卵、牛乳、小麦の3種類に対し、食べてもいい量の限界や症状の強さを調べる「経口負荷テスト」と、食べる量を少しずつ増やして耐性をつける「経口免疫療法」に力を入れている。

同病院小児科部長の住本真一によると、食物アレルギーかどうかは血液検査で確認するのが一般的だが、それだけでは正確な診断ができないという。

このため、同病院では昨年8月から、1歳以上の子供を対象に、日帰り入院での経口負荷テストを始めた。
以前は外来で対応していたが、食物アレルギー事故がたびたび報道されるようになると、希望者が急増。

その後、3~4人ずつの子供を日中付き添って診察する方式に変えた。
現在は約1か月待ちの状況という。

テストを受けた後は、自宅で経口免疫療法を行う。
週2回以上、アレルギーが出ない量を与え、週単位で少しずつ量を増やして耐性をつける。ほとんどの子供は、半年程度で問題なく食事できるようになるという。

東京都医師会が2014年6月8日開催の「第71回准看護師卒後教育講習会」について発表

2014年3月17日、公益社団法人東京都医師会が6月8日に行われる「第71回准看護師卒後教育講習会」開催について発表した。

このイベントは毎年2回行われ、最新の医療に対応出来るように看護師としての知識の普及を徹底する事を目的として、昭和56年度から続いている。
今回の会では始めに、帝京大学医学部附属病院看護部長の土谷明子看護師による「院内感染症対策について」を話され、第2部では東京都健康長寿医療センター精神科医長の吉田光氏が「高齢者認知症への対応」について演説を行う。

会場は東京都文京区にある日本医師会館大講堂で行われ、13:00〜16:30となっている。
参加費は無料で対象者は「准看護師もしくは看護師等の資格を有する方」。

尚、事前の申込みは不要となっている。

詳細はこちら→「第71回准看護師卒後教育講習会」開催のご案内

看護師の燃えつき症候群と再就職

とある看護師のはいつも「看護師という仕事は、業務が終った感じがしない」と言う。

燃え尽き症候群(バーンアウト)とは、医療、福祉関係の仕事につくひとに現れやすい症状で、その仕事に一生懸命取り組んだ後に、期待したほどの報酬がもらえなかった時などに感じる徒労感または欲求不満のことをいう。

何もやる気が起きなくて、意欲が低下してしまうのが特徴である。

看護師のお仕事は、利用者の命を管理するという責任の強い業務を任されている。
残業も多く、定時で帰れることがとても少ない。また、夜勤業務をしている看護師は、16時間勤務があったりする上に、残ってまで仕事をしなければならなかったりする。夜勤の前も日中に睡眠をとることはなかなか難しく、結果慢性的に疲れがとれない状況にある。

そして、何より、「業務が終った感じ」を体感しにくい職種でもあります。なので、職場を離れても、常に仕事の心配をしてしまったり、やり残したことがないか何度も考えたりしてしまいます。
特に大学病院などの大きな病院ではこの傾向は顕著で、命に関わる業務に携わる程、このような傾向がある。

看護師という仕事は、仕事とプライベートの切り替えをしにくい仕事の一つである。
看護師だけではなく、医療、福祉従事者のストレスを軽減するためには、同僚、上司との関係が密で、お互いに仕事を任せられる安心した体制が各施設に必要だ。

ただ、それだけではなく、看護師を含む医療関係の仕事には充実感が伴う。
その為、 一度看護師という仕事を経験し、結婚や子育てなどで職場を離れると、もう一度復帰してみたいという気持ちのかられる仕事なのである。
以前であれば、そういった言わば「出戻り看護師」は結婚していない上司などから嫌みを言われたりしたものだが、最近ではそのような事はほとんどなく、むしろ「看護師不足」の病院からは非常に有り難がれる存在だ。

もし、アナタが、一度看護師をやり尽したと思いはしたものの、もう一度、看護師として働くのも悪くはないと思うのであれば、是非もう一度挑戦するのはアリである。
昔に比べて気軽に転職や休職を出来る時代になっているのは間違いないのだから。

東京都看護協会主催のイベント「災害看護の基本」について

2014年5月13日、東京都間誤協会が主催するイベント「災害看護の基本」について発表した。
(参照記事:東京都看護協会が主催する「認知症高齢者の理解と看護」の詳細

このイベントの狙いは「災害に対する基礎的知識と対応について学ぶ」事として、看護師、准看護師を含む全ての看護師が対象となっている。

講師は東京都立広尾病院災害担当の看護長・救急看護認定看護師、菊地睦氏が努め、「災害医療と看護の基礎知識/トリアージ/地域・避難所における看護活動/災害時におけるこころのケア」という内容について話される。

参加費は会員が5,000円で非会員が10,000円となっている。
イベントは10:00〜16:00に開催される。

定員は150名で先着順。

東京都看護協会が主催する「認知症高齢者の理解と看護」の詳細

東京都看護協会が2014年5月9日に開催する「認知症高齢者の理解と看護」について発表した。

このイベントでの狙いは、認知症高齢者の看護に必要な基礎的知識を学ぶことで、参加対象者は「全ての看護師」となっている。
内容は、認知症高齢者の特徴・理解(病態生理・治療・心理・家族関係)/認知症高齢者の看護(コミュニケーション・アセスメントの実際・生活支援)で、多くの看護師に知ってもらいたい内容だとしている。

近年、日本では認知症の高齢者は年々増加しており、今後は認知症患者への対応の知識が、多くの看護師に求められており、今回はそういった内容となっている。

今回講師を務めるのは、厚生中央病院認知症看護認定看護師の藤原麻由礼氏。
イベントは18:00〜20:00に行われ、参加費は会員が2,000円、非会員が4,000円となっている。