看護師の求人倍率が初めて3倍を超える 愛知県では4倍超えも

日本看護協会によると、看護師全体の求人倍率が全国平均で初めて3倍を超えたと発表した。
看護師が転職活動を行った際に1人当たりの内定率が3社以上ということになる。
特に求人倍率が高かったのが、愛知県、長野県、愛媛県、福島県で特に愛知県では求人倍率が唯一4倍を超えた。

その為日本看護協会は看護師の働き手を増やしていきたいとしている。
特に、看護師の資格を持ちながらも現在育児や専業主婦により働いてない看護師へ復職支援を更に強化していくとしている。

また、病院側の意向では看護師に常勤として勤務して欲しいとしているが、実際はパート等の非常勤での勤務を希望する看護師が多く、その為に人材不足に陥っているという状況にもなっている。

現在看護師の資格を持ちながら働いていない人は71万人といわれており、今後は様々な見直しを兼ねて看護師の再就職の支援や離職の防止などを行うとしている。

腎不全(じんふぜん)

腎不全とは、腎機能が低下し腎機能障害、腎不全、尿毒症を引き起こす。
始めは症状がほとんどなく、腎機能が低下してしばらくしてから眠気やあくび等の軽度のものから動悸、意識障害などの重度のものまで症状が出てくる。
急性腎不全と慢性腎不全があり、慢性腎不全の末期の治療法は人口透析もしくは腎臓移植しかなくなる。
その為に、慢性腎不全になったら早い段階で食事療法と薬物療法が行われい、食事は基本的にたんぱく制限と高カロリー食、薬物療法では血圧を下げる薬などが使われる。

心不全(しんふぜん)

心不全とは進ぜ王が身体の必要とする十分な心拍出漁を維持出来ないと、諸臓器に十分な血液を送る事が困難になり、心臓がうっけつ状態になること。
心不全には様々な種類があり、まず右心不全と左心不全に分けられる。
右心不全は右心室や右心房に障害をきたし、左心不全は左心室や左心房にきたすが、主に心不全で多いのは左心不全といわれる。

また、急性心不全と慢性心不全があり、急性心不全では数時間後に心臓に異常をきたす。心筋梗塞などが挙げられる。

心不全の原因は高血圧や血糖値などが挙げられ、肥満、喫煙、運動不足などは心不全の確率を高めることから日頃の生活習慣が大切である。

心電図(しんでんず)

心電図とは、親近の興奮時の活動電位を身体の2点間で測定すると、心拍堂によって周期的な変化を示すことを心電図という。
心電図の波形はP波(心房筋の興奮)QRS派(心室筋の興奮)T派(心室筋興奮の回復)の3つからなる。
心電図検査により、不整脈、刺激伝導生涯、心筋梗塞などの診断が可能であり。

処方箋(しょほうせん)

処方箋とは医師や歯科医師が治療の為の医薬品に付いて記載した文書の事。
原則として市販されている医薬品以外のものは、医師に処方箋を書いてもらわないと入手する事ができない。
病気をした場合、まず始めに病院で医師が診断し、必要な薬を医師が判断し、処方箋を書き、初めて薬局で薬を買う事ができる。

浣腸(かんちょう)

浣腸とは肛門を通して腸内の便などを全て除去する方法。便秘解消の時等にも用いられる。
浣腸と際に腸内に注入するものには、グリセリンや微微温湯などが使われる。
イチジク浣腸と呼ばれる浣腸ではグリセリンを肛門から腸内に注入し、便秘解消の効果が特に高いやり方としてしられる。

また、浣腸は病院でやる場合もあるが自宅で個人でも行う事ができ、副作用などがほとんどないことから便秘解消の方法として多くの人が行っている。

ワクチン(わくちん)

ワクチンとは、病気や感染症を予防する為に、菌を極めて弱くしたものか菌を殺したものを注射器などで体内に注入し、免疫をつけるというもので「予防接種」ともいわれる。

ワクチンには2種類あり、「生ワクチン」と「不活性ワクチン」に分けられ、違いは「菌が生きているかどうか」で決まる。
前述のように、生ワクチンは「生きた細菌を弱めたものを体内に注入」するもので、不活性ワクチンは「菌を完全に殺したものを体内に注入」するもので、どちらも免疫力をつけさせ病気に感染しにくくさせる効果がある。

また、日本では生後1ヶ月の赤ん坊から予防接種が始まり成人になるまでに定期的に予防接種が行われる。
定期予防接種とは別のワクチンもあり、インフルエンザワクチンなどはそれに当たる。

また、旅行や出張で海外に行く際も、定期予防接種とは別に予防接種を打たれる事が奨励されている。
地域によっては予防接種を打たないと入国できない地域があり、特に南米やアフリカの一部の国に入国する際には黄熱病の予防接種証明書の「イエローカード」の提示を求められる場合がある。

最近ではワクチン接種において「副作用」の問題も指摘され始め、特に子宮頸がんワクチンは最近までは接種を奨励されていたが、このところ接種を控えるようにとの声も挙っており、ワクチンによる副作用問題は今後更に論争を呼びそうである。

刑務所内で看護師が受刑者のケア

法務省によると、今年の平成26年から刑務所内の女性受刑者へのケアを看護師によって行われるようにすると発表した。
看護師を刑務所内で非常勤として雇って受刑者のケアを行うというもの。

今回の背景には全国的な受刑者の高齢化が挙げられ、特に地方で受刑者の収容率が高い地域3つの刑務所で始められるという。
具体的には、栃木刑務所、和歌山刑務所、佐賀県の麓刑務所、の3つの女子刑務所で看護師により健康相談や、ケアを行う。
今回女性受刑者のみとなった事の一つに、男性受刑者に比べて心のケアが必要になるケースが多く、よる重点的に心のケアを看護師により行っていくという。

就職祝い金(てんしょくいわいきん)

転職祝い金とは、転職した際にもらえるお祝い金のことで、一般的に看護師は比較的高額な転職祝い金が支給されることが多く、10万円〜40万円程支給される。

基本的に、転職祝い金は転職エージェントを介して転職を行った場合にのみ支給される。
原理は、病院側が転職エージェントを通して、看護師を採用した際に転職エージェントに対して報酬が支払われる。
その一部を転職エージェントから看護師に還元するというものが転職祝い金のこと。

基本的に転職祝い金が支給されるのは、採用が決まり、勤務を開始してから半年後というケースが多い。