刑務所内で看護師が受刑者のケア

法務省によると、今年の平成26年から刑務所内の女性受刑者へのケアを看護師によって行われるようにすると発表した。
看護師を刑務所内で非常勤として雇って受刑者のケアを行うというもの。

今回の背景には全国的な受刑者の高齢化が挙げられ、特に地方で受刑者の収容率が高い地域3つの刑務所で始められるという。
具体的には、栃木刑務所、和歌山刑務所、佐賀県の麓刑務所、の3つの女子刑務所で看護師により健康相談や、ケアを行う。
今回女性受刑者のみとなった事の一つに、男性受刑者に比べて心のケアが必要になるケースが多く、よる重点的に心のケアを看護師により行っていくという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA