超音波検査(ちょうおんぱけんさ)

超音波検査とは、著音波を利用して、組織の形態の計測、整体構造の映像化、組織の異常性の診断、組織の運動制や流速の測定等を行うこと。
超音波検査のメリットはリアルタイムに映像による診断ができ、様々な角度から診察を行う事ができ、準備に手間取らないことがあげられる。
逆にデメリットは骨などがあると診察しにくくなり、正確な診断ができなくなる場合がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA