精神障害者の社会参加への一助に―釧路「桜の園」の取り組み

私たちは精神障害者を「イコール犯罪を起こしやすい」という偏見と誤解のイメージで見てはいないだろうか。
ただ、これらの人たちが刑事事件の加害者にならないための予防策は必要。

なにより精神障害者にとって、何かあった時に安心して相談できる人が身近にいることが大切である。
そのためには医師やソーシャルワーカー、施設職員など支援者が連携し、関わって行くことが重要で、それによって本人が、その下で自分が見守られ、支えられているていると実感できることが精神的安定と落ち着きにつながるからである。

この理念を実践しようと活動する施設が北海道釧路市にある。
精神科の清水桜が丘病院が運営する「グループホーム桜の園」で、ここでは30~60代の男女20人が生活を共にする。

園の清水正敏施設長(76)によると、その多くは精神科を退院した精神的病歴を持つ人たちで、家族と同居できない場合や本人が自立を望む場合に入居できる。

長い人で5年ほど過ごしたのち市内のアパートなどに移ってゆくとのこと。
また、日常生活は、午後9時から翌朝6時まで玄関を施錠する以外は入居者の自主性を大切にし、職員はその日の予定を聞いて把握する程度で、各自、作業所やデイケア、病院や買い物など自由に過ごす。

入居者が一同に集まるのは朝食と夕食の時で、食堂は親睦や情報交換の場にもなっている。
2005年の開設以来この方針の下施設内で職員と入居者、入居者同士のトラブルは起きていないという。

看護師はなぜ介護士と一緒に仕事をするのか?

初めまして。

私は現在、東京都内で老健の介護士をしています。
日々、利用者の入浴介助、排泄介助、食事介助、リネン交換を中心に行っています。

看護師は常に専門的な判断を求められる仕事です。

私の施設の看護師さんはバイタルチェック等、利用者の健康を管理する役割を担っています。

しかしそれだけでなく、時間がある時は私たち介護士と一緒に介護の仕事を手伝ってもらっています。
日によっては3時間以上、介護と一緒になり仕事をしています。

看護師さんは、自信の仕事だけでもとても大変です。
しかし、看護師はなぜ介護士と一緒の仕事をするのか。

患者さんを知る上で、患者さんの生活パターンや口癖等を把握することは介護をする上ではもちろん、看護をする上でも重要になってきます。
人の行動を理解するためには、そのバックグラウンドを理解することが一番の近道です。

介護施設の中には様々な利用者がいます。
中には思っていることとわざと反対の思いを口に出してしまう利用者もいます。

しかし、彼らの性格を知っていることで、どのような状態なのか推測が立てられることがあるのです。

このように看護師は、利用者の生活を日々観察した上で、看護の視点からの専門的な判断をして、利用者の健康状態が「普通」なのか「異常」なのかを判断しているのです。
生活観察は、介護士である私たちはもちろん、看護師さんにとっても、なくてはならない「仕事」なのです。

深刻化する医療現場の高齢化 看護師が求められる業務

最近の医療現場も高齢化が進んでいる。

確かに私が、ときおり病院を訪れてみると、若い人たちの姿は少なく、高齢の方たちがほとんどを占めていた。
そして、お医者様を見てもそうだ。若い医者もいるものの、何歳かはご存知申し上げないが、高齢の方も少なくは無い。
こんな所まで、高齢化の波は押し寄せているのかと、驚愕した。

そういえば、福祉の世界に医療に関することが持ち込まれるようだ。
例えば、痰の吸引。

これは、元来医療行為とされており、福祉の世界では看護士が行っていたのだが、痰の吸引も生活の一部であるとの見解を上が示し、福祉の現場へと入ってきた。

その事に現場は当然のごとく驚いたと思う。
しかしながら仕事なので、数十時間の講義を受け、慣れないながらも痰の吸引を行うのである。受ける身としてはどうなのだろうか。と、考えてしまう。

思うに、業務内容のボトムアップ化が少し前より行われているような気がするのは、気のせいか。

医者が行っていたものの一部を、看護師がやる事になり。看護師がやっていた事を介護しが行う。

そういったスパイラルを目の当たりにして、やはり人員不足が叫ばれているのだなと、感じている。

しかしながら、看護現場は聞くところによると実習生などに対するイビリというものが凄いらしい。

火種の無いところに煙はたたないともいうし、あながち間違いではないのだろう。そういったところを改善していかなければ、この問題も解決できないのではないだろうか。

根性論ではやってはいけないのだ。

看護師の燃えつき症候群と再就職

とある看護師のはいつも「看護師という仕事は、業務が終った感じがしない」と言う。

燃え尽き症候群(バーンアウト)とは、医療、福祉関係の仕事につくひとに現れやすい症状で、その仕事に一生懸命取り組んだ後に、期待したほどの報酬がもらえなかった時などに感じる徒労感または欲求不満のことをいう。

何もやる気が起きなくて、意欲が低下してしまうのが特徴である。

看護師のお仕事は、利用者の命を管理するという責任の強い業務を任されている。
残業も多く、定時で帰れることがとても少ない。また、夜勤業務をしている看護師は、16時間勤務があったりする上に、残ってまで仕事をしなければならなかったりする。夜勤の前も日中に睡眠をとることはなかなか難しく、結果慢性的に疲れがとれない状況にある。

そして、何より、「業務が終った感じ」を体感しにくい職種でもあります。なので、職場を離れても、常に仕事の心配をしてしまったり、やり残したことがないか何度も考えたりしてしまいます。
特に大学病院などの大きな病院ではこの傾向は顕著で、命に関わる業務に携わる程、このような傾向がある。

看護師という仕事は、仕事とプライベートの切り替えをしにくい仕事の一つである。
看護師だけではなく、医療、福祉従事者のストレスを軽減するためには、同僚、上司との関係が密で、お互いに仕事を任せられる安心した体制が各施設に必要だ。

ただ、それだけではなく、看護師を含む医療関係の仕事には充実感が伴う。
その為、 一度看護師という仕事を経験し、結婚や子育てなどで職場を離れると、もう一度復帰してみたいという気持ちのかられる仕事なのである。
以前であれば、そういった言わば「出戻り看護師」は結婚していない上司などから嫌みを言われたりしたものだが、最近ではそのような事はほとんどなく、むしろ「看護師不足」の病院からは非常に有り難がれる存在だ。

もし、アナタが、一度看護師をやり尽したと思いはしたものの、もう一度、看護師として働くのも悪くはないと思うのであれば、是非もう一度挑戦するのはアリである。
昔に比べて気軽に転職や休職を出来る時代になっているのは間違いないのだから。

東京都看護協会主催のイベント「災害看護の基本」について

2014年5月13日、東京都間誤協会が主催するイベント「災害看護の基本」について発表した。
(参照記事:東京都看護協会が主催する「認知症高齢者の理解と看護」の詳細

このイベントの狙いは「災害に対する基礎的知識と対応について学ぶ」事として、看護師、准看護師を含む全ての看護師が対象となっている。

講師は東京都立広尾病院災害担当の看護長・救急看護認定看護師、菊地睦氏が努め、「災害医療と看護の基礎知識/トリアージ/地域・避難所における看護活動/災害時におけるこころのケア」という内容について話される。

参加費は会員が5,000円で非会員が10,000円となっている。
イベントは10:00〜16:00に開催される。

定員は150名で先着順。

看護師になりたい人向けのイベント「信州で看護。」を長野県看護協会が主催

2014年3月20日、12:00〜17:00に看護師になりたい人向けのイベント「信州で看護。」を長野県松本市のホテルブエナビスタで開催される。

近年日本全体で看護師不足だが、特に地方では看護師不足が深刻な問題となっている。
今回は長野看護協会がその問題解決の一環として看護師になろうか検討している人向けに看護師の仕事について話される内容となっている。

看護師の人不足はこれから看護師になろうとしている人に対しては必ずしもマイナスなことではない。
実際、転職しようと思うと沢山の再就職先があり、日本全体での求人倍率は3倍にも上っている。(参照記事:看護師の求人倍率が初めて3倍を超える 愛知県では4倍超えも

また、40代や50代でも簡単に再就職できたり、非正規雇用はもちろん、正社員として働ける看護師も多くいる。
そういった看護師になる事のメリットを今回のようなイベントを行う事で、看護師不足を補っていこうとしている。

イベントには長野県内の約50の病院が参加する。
参加費は無料で、来場者には特典が付く。

【特典】
①事前来場予約をするとQUOカード2,000円分
②交通費として長野県内在住者にはQUOカード2,000円分、県外在住社にはQUOカード5,000円分
③スタンプラリーをすると最大QUOカード2,000円分

これから看護師を目指したいと思っている方、看護師になろうか迷っている方には是非お勧めのイベントだ。

日本看護協会が東日本大震災で被災した福島県、宮城県、岩手県の看護師の求人情報について発表

2011年3月11日に発生した東日本大震災以降、被災地における看護師職員確保は以前厳しい状況であると日本看護協会が明らかにした。
現在も全国にある、日本全国のナースセンターから看護職員確保の支援を行っているが、それでも特に福島、宮城、岩手3県での看護師が足りない状況が続いている。

今回発表されたものは、福島県が200以上、宮城県、岩手県ではそれぞれ100以上の病院・医療機関での求人情報ががある。
常勤・非常勤とも募集しており沢山の看護師からの応募を待っているとしている。

希望の求人があった場合は、担当のナースセンターに問い合わせを行う。
より多くの看護師の方に被災地での看護師不足の手助けになっていただきたいとしている。

以下病院一覧。

福島県の看護師求人情報→https://www.nurse-center.net/html1/contents/pdf/fukushima.pdf
岩手県の看護師求人情報→https://www.nurse-center.net/html1/contents/pdf/iwate.pdf
宮城県の看護師求人情報→https://www.nurse-center.net/html1/contents/pdf/miyagi.pdf

看護のお仕事にNHK朝ドラ「ごちそんさん」主演の杏さんを起用

女優の杏さんが看護師転職サイト「看護のお仕事」のナビゲーターに起用されました。
杏さん現在放送中のNHKの朝ドラ「ごちそうさん」で主演を演じていて、多くの視聴者から指示を集めています。

杏さんは看護のお仕事のサイトのスペシャルインタビューを現役看護師と共に対談形式で行われています。
CMにも起用され多くの方から応援メッセージも届いているようです。

杏さん出演の「看護のお仕事」CMはこちらから↓

現在はどこの病院でも看護師不足が深刻化しつつあります。
有効求人倍率は近年上昇していて全国で3倍以上あると言われています。
これは、看護師が就職を希望した場合、1人平均3つ以上の内定が取れる事を意味します。
働き手となる看護師にとっては就職の際には有利ですが、病院側は看護師が足りずに求人をするもの大変な状況です。

また、看護師は病院に就職後、人手が足りない為に必然的に一人一人の仕事が多くなり、仕事が大変で辞めてしまう看護師も出てきてしまい、悪循環の状態が続いています。
そこで、看護協会は現在、育児で一時退職した看護師や専業主婦の看護師の復職支援を積極的に行っていて、働き手を増やす対策をしています。

今回、大人気のNHKの朝ドラ「ごちそうさん」の主演をしている杏さんが起用された事で、多くの方が注目し、看護師がより良い環境で働けるような職場作りを始めています。

杏さんが起用された看護のお仕事の詳細はこちら→「看護のお仕事

日本看護協会が「市町村保健活動のあり方に関する検討フォーラム」について発表

公益社団法人日本看護協会が2014年3月8日(土)10:00〜15:30に開催される「市町村保健活動のあり方に関する検討フォーラム 市町村の保健活動を推進するための“方策”とは ~「保健師活動最適化への最前線」と「統括保健師人材育成プログラム」~」の詳細を発表した。

イベントは渋谷区神宮前の日本看護協会JNAホールで開催される。

このイベントは平成23年度から開催されており、厚生労働省先駆的保健活動交流推進事業の一環として「市町村保健活動のあり方に関する検討」が実施されている。
参加対象者は、保健師、自治体職員等としており参加費は無料。

参加希望者は日本看護協会の参加の旨をFAXもしくはメールにて先着順に受け付けられている。
TEL 03-5778-8844
FAX 03-5778-8478
E‐mail hokenshi@nurse.or.jp

問い合わせは電話もしくはメールにて。
以下プログラム詳細。

【プログラム 詳細】

9:30~10:00 受付開始
10:00~10:10 開会 日本看護協会副会長 菊池 令子
10:10~10:20 ご挨拶 厚生労働省健康局がん対策・健康増進課保健指導室長 山田 敏充
10:20~11:00 市町村保健活動最適化への試み 日本看護協会常任理事 中板 育美

■第一部 試行事業事例発表「保健師活動最適化への最前線」
11:00~12:00 実践事例発表(三重県津市、和歌山県上富田町、山形県鶴岡市)

12:00~13:10 昼食

■第二部 フォーラム 「あなたが変われば組織も変わる! 」(シンポジウム&意見交換)
13:10~14:30 座長 尾島 俊之(浜松医科大学医学部健康社会医学講座 教授) 森永裕美子(倉敷市保健所保健課 主任)

シンポジスト
米澤 純子(国立保健医療科学院生涯健康研究部 主任研究官)
柴山 陽子(川崎市幸区役所保健福祉センター)
清水 智子(新潟市保健衛生部保健衛生総務課 主幹)

■第三部 Coming Soon!!「統括保健師人材育成プログラム」
14:30~14:50 市町村における統括保健師の役割・機能発揮への期待 日本看護協会専務理事 井伊久美子

14:50~15:10 統括保健師人材育成プログラム作成の経緯と提案 日本看護協会常任理事 中板 育美

15:10~15:20 まとめ

15:20~15:30 閉会