生体移植への理解を広げよう―「ドナー交流会」

病気の親族らに腎臓などを提供した生体ドナーらの体験談などを聞く交流会が5月18日、「ドナーの会北海道」の主催で札幌市北区の札幌エルプラザで開かれた。

病院のコーディネーターが、移植を検討する際に考慮すべき点などを講演。
約70人が参加して、移植の課題などを学んだ。

脳死や心停止後の臓器提供が少ない日本では、親族間での生体移植が広く行われており、毎年全国で約1400人が腎臓の、約400人が肝臓の生体移植を受けている。

会は札幌市立病院の移植コーディネーターの佐藤真澄氏が進行を担当し、実例を交えながらドナーになる人への留意点などを話し合った。

この中では「自発的な提供希望がドナーとなる前提だが、患者の強い希望が家族への重圧になる」「手術の痛みはあるのか」「術後は普通の生活に戻れるのか」といった不安や悩みに対し、参加者から「ドナーは提供に伴う危険性、メリットとデメリットを正しく理解することが大切」「生体移植はもっと普及が必要、生体ドナーが体験を語り、支え合いを通して移植医療への理解を広げたい」といった指摘や意見が述べられた。

この後、参加者同士の交流が行われ、理解と親睦を深め合った。
主催側は「これから提供を考える方は相談してほしい。移植に携わる医師、看護師、コーディネーターが支援する」と呼びかけた。

小児アレルギーの検査と治療法~大阪赤十字病院での取り組み

2013年に実施された文部科学省の調査によると、全国の公立小中高校の児童・生徒の4.5%、
約41万人に食物アレルギーがあることが明らかになった。

2004年の前回調査に比べ、1.2倍の増加である。
増加の原因は特定されていないが、大阪赤十字病院の住本真一・小児科部長は食生活の変化が関係している可能性を指摘する。

日本小児アレルギー学会などによると、アレルギーの原因となりやすい食品のうち、鶏卵と牛乳、小麦で患者全体の3分の2を占める。
これらの3食品については、小学生になるまでに患者の8~9割が耐性を得るが、ソバやピーナツ、エビやカニなどの甲殻類は耐性がつきにくく、年齢とともに患者の割合が増加する。

食物アレルギーは、病原体から体を守る免疫が、食物に対して過剰に反応することで起きる。食後2時間以内に体中が赤くなったり、じんましんが出たりするのが典型的な症状だが、急な血圧低下や意識障害を伴う「アナフィラキシー・ショック」に至ることもあり、死亡例もある。

大阪赤十字病院(大阪市天王寺区)では、小児アレルギーを起こしやすい卵、牛乳、小麦の3種類に対し、食べてもいい量の限界や症状の強さを調べる「経口負荷テスト」と、食べる量を少しずつ増やして耐性をつける「経口免疫療法」に力を入れている。

同病院小児科部長の住本真一によると、食物アレルギーかどうかは血液検査で確認するのが一般的だが、それだけでは正確な診断ができないという。

このため、同病院では昨年8月から、1歳以上の子供を対象に、日帰り入院での経口負荷テストを始めた。
以前は外来で対応していたが、食物アレルギー事故がたびたび報道されるようになると、希望者が急増。

その後、3~4人ずつの子供を日中付き添って診察する方式に変えた。
現在は約1か月待ちの状況という。

テストを受けた後は、自宅で経口免疫療法を行う。
週2回以上、アレルギーが出ない量を与え、週単位で少しずつ量を増やして耐性をつける。ほとんどの子供は、半年程度で問題なく食事できるようになるという。

東京都医師会が2014年6月8日開催の「第71回准看護師卒後教育講習会」について発表

2014年3月17日、公益社団法人東京都医師会が6月8日に行われる「第71回准看護師卒後教育講習会」開催について発表した。

このイベントは毎年2回行われ、最新の医療に対応出来るように看護師としての知識の普及を徹底する事を目的として、昭和56年度から続いている。
今回の会では始めに、帝京大学医学部附属病院看護部長の土谷明子看護師による「院内感染症対策について」を話され、第2部では東京都健康長寿医療センター精神科医長の吉田光氏が「高齢者認知症への対応」について演説を行う。

会場は東京都文京区にある日本医師会館大講堂で行われ、13:00〜16:30となっている。
参加費は無料で対象者は「准看護師もしくは看護師等の資格を有する方」。

尚、事前の申込みは不要となっている。

詳細はこちら→「第71回准看護師卒後教育講習会」開催のご案内

東京都看護協会が主催する「認知症高齢者の理解と看護」の詳細

東京都看護協会が2014年5月9日に開催する「認知症高齢者の理解と看護」について発表した。

このイベントでの狙いは、認知症高齢者の看護に必要な基礎的知識を学ぶことで、参加対象者は「全ての看護師」となっている。
内容は、認知症高齢者の特徴・理解(病態生理・治療・心理・家族関係)/認知症高齢者の看護(コミュニケーション・アセスメントの実際・生活支援)で、多くの看護師に知ってもらいたい内容だとしている。

近年、日本では認知症の高齢者は年々増加しており、今後は認知症患者への対応の知識が、多くの看護師に求められており、今回はそういった内容となっている。

今回講師を務めるのは、厚生中央病院認知症看護認定看護師の藤原麻由礼氏。
イベントは18:00〜20:00に行われ、参加費は会員が2,000円、非会員が4,000円となっている。

看護師紹介ビジネスでの強引に転職を勧めるケースも

看護師不足が叫ばれる昨今、どこの病院も看護師の求人を確保する為に、看護師専門の転職エージェントなどに看護師の紹介を依頼している。
転職を考えている看護師の約25%が転職エージェントに登録し、病院の紹介を依頼している。

看護師を紹介するビジネスが成り立つ理由は、病院から転職エージェントに紹介料が入るからだ。
基本的には紹介した看護師の年俸の20%〜30%の紹介料が転職エージェントに入る仕組みになっている。

その為、看護師は無料で全てのサービスを受ける事ができ、看護師にとっては良い面だ。

しかし近年、度が過ぎた転職エージェントが出てきている。
悪徳転職エージェントは主に、看護師を金券で勧誘したり、無理矢理転職を勧めるケースが増えてきているという。
転職エージェントは全国に数百社あり、競争が激化している事から今後もこのような悪質な業者には気をつけた方がいいとしている。

(参照:看護師紹介ビジネス過熱 金券で勧誘、強引なケースも


このサイトでご紹介させて頂いている転職エージェントはどれも大手で実績のある転職エージェントなので安心して登録して頂いて大丈夫です。
悪質な業者に引っかからないようにも大手転職エージェントを利用するようにしましょう。

広島県呉市の病院職員寮で殺害された准看護師の元交際相手が自宅で自殺

2013年12月31日、広島県呉市の風呂光沙で勤務していた准看護師の風呂光沙夜香さんが殺害された事件で、警察が事情聴取を行っていた当時の交際相手だった30代男性が自宅で首を吊って死亡していると2014年2月22日に発表された。

風呂光さんは病院の寮で首を絞められて殺害されていたのが発見され、警察が顔見知りの犯行である可能性が高いとして犯人を捜していた。
以前から事情聴取などの行っていた交際相手だった30代の男性が広島県江田島市の自宅で一人で首を吊って自殺していたとしている。

警察は風呂光さん殺害の犯人としてこの男性の確率が高いとしているが、未だ犯人と断定はしておらず慎重な捜査が求められるとしている。

看護師の求人倍率が初めて3倍を超える 愛知県では4倍超えも

日本看護協会によると、看護師全体の求人倍率が全国平均で初めて3倍を超えたと発表した。
看護師が転職活動を行った際に1人当たりの内定率が3社以上ということになる。
特に求人倍率が高かったのが、愛知県、長野県、愛媛県、福島県で特に愛知県では求人倍率が唯一4倍を超えた。

その為日本看護協会は看護師の働き手を増やしていきたいとしている。
特に、看護師の資格を持ちながらも現在育児や専業主婦により働いてない看護師へ復職支援を更に強化していくとしている。

また、病院側の意向では看護師に常勤として勤務して欲しいとしているが、実際はパート等の非常勤での勤務を希望する看護師が多く、その為に人材不足に陥っているという状況にもなっている。

現在看護師の資格を持ちながら働いていない人は71万人といわれており、今後は様々な見直しを兼ねて看護師の再就職の支援や離職の防止などを行うとしている。

刑務所内で看護師が受刑者のケア

法務省によると、今年の平成26年から刑務所内の女性受刑者へのケアを看護師によって行われるようにすると発表した。
看護師を刑務所内で非常勤として雇って受刑者のケアを行うというもの。

今回の背景には全国的な受刑者の高齢化が挙げられ、特に地方で受刑者の収容率が高い地域3つの刑務所で始められるという。
具体的には、栃木刑務所、和歌山刑務所、佐賀県の麓刑務所、の3つの女子刑務所で看護師により健康相談や、ケアを行う。
今回女性受刑者のみとなった事の一つに、男性受刑者に比べて心のケアが必要になるケースが多く、よる重点的に心のケアを看護師により行っていくという。