脳死(のうし)

脳死とは死の判定方法。
日本の右派学会では「大脳半球のみならず、脳幹を含む脳機能の回復不可能な喪失」と定義している。

脳死の判定基準として、下記5つの条件が揃い6時間が経過した場合、脳死と判定される。
1.深昏睡、2.自発呼吸消失、3.瞳孔拡大、4.脳幹反射の消失、5.平坦脳波

脳死と判定された場合、患者が目覚めることはほとんど100%難しいとされる。
しかし、脳死だからといって無論「死」ではない。

また、脳死による臓器提供されるかどうかが生前の本人の意思、又は家族に判断が委ねられている。

塵肺症(じんぱいしょう)

塵肺症とは大気中の粉塵が長年にわたり人体に吸収され肺に付着してしまい、肺に慢性的な繊維増殖が起こり、心肺機能の低下が起こる症状をいう。
塵肺症は先天性では見られず、ほとんどの場合が職業的疾患で、石工、陶磁器工などの粉塵が多い作業環境で働く人に多く見られる。
ただ、全ての人に見られる訳ではなく、特に長い期間同じ作業環境で働く人や心肺機能が比較的弱い人は塵肺症になりやすい。
昭和35年に塵肺法が制定され保護措置が取られるようになった。(昭和52年に塵肺症改訂)
しかし、法改定後も塵肺症を防ぐ事には成り得ていない。

無尿(むにょう)

無尿とは一日の尿の量が100ml以下の場合を言う。
無尿とはいえ全く尿が出ない状態、尿が無くなる状態を指す訳ではない。

無尿になる原因人傑流の水分欠乏すること、人機能障害、尿管閉塞などがあげられる。

一日の尿量が400mlは乏尿(ぼうにょう)と言う。
健康な人の尿量は500ml〜2000ml。

超音波検査(ちょうおんぱけんさ)

超音波検査とは、著音波を利用して、組織の形態の計測、整体構造の映像化、組織の異常性の診断、組織の運動制や流速の測定等を行うこと。
超音波検査のメリットはリアルタイムに映像による診断ができ、様々な角度から診察を行う事ができ、準備に手間取らないことがあげられる。
逆にデメリットは骨などがあると診察しにくくなり、正確な診断ができなくなる場合がある。

腎不全(じんふぜん)

腎不全とは、腎機能が低下し腎機能障害、腎不全、尿毒症を引き起こす。
始めは症状がほとんどなく、腎機能が低下してしばらくしてから眠気やあくび等の軽度のものから動悸、意識障害などの重度のものまで症状が出てくる。
急性腎不全と慢性腎不全があり、慢性腎不全の末期の治療法は人口透析もしくは腎臓移植しかなくなる。
その為に、慢性腎不全になったら早い段階で食事療法と薬物療法が行われい、食事は基本的にたんぱく制限と高カロリー食、薬物療法では血圧を下げる薬などが使われる。

心不全(しんふぜん)

心不全とは進ぜ王が身体の必要とする十分な心拍出漁を維持出来ないと、諸臓器に十分な血液を送る事が困難になり、心臓がうっけつ状態になること。
心不全には様々な種類があり、まず右心不全と左心不全に分けられる。
右心不全は右心室や右心房に障害をきたし、左心不全は左心室や左心房にきたすが、主に心不全で多いのは左心不全といわれる。

また、急性心不全と慢性心不全があり、急性心不全では数時間後に心臓に異常をきたす。心筋梗塞などが挙げられる。

心不全の原因は高血圧や血糖値などが挙げられ、肥満、喫煙、運動不足などは心不全の確率を高めることから日頃の生活習慣が大切である。

心電図(しんでんず)

心電図とは、親近の興奮時の活動電位を身体の2点間で測定すると、心拍堂によって周期的な変化を示すことを心電図という。
心電図の波形はP波(心房筋の興奮)QRS派(心室筋の興奮)T派(心室筋興奮の回復)の3つからなる。
心電図検査により、不整脈、刺激伝導生涯、心筋梗塞などの診断が可能であり。

処方箋(しょほうせん)

処方箋とは医師や歯科医師が治療の為の医薬品に付いて記載した文書の事。
原則として市販されている医薬品以外のものは、医師に処方箋を書いてもらわないと入手する事ができない。
病気をした場合、まず始めに病院で医師が診断し、必要な薬を医師が判断し、処方箋を書き、初めて薬局で薬を買う事ができる。

浣腸(かんちょう)

浣腸とは肛門を通して腸内の便などを全て除去する方法。便秘解消の時等にも用いられる。
浣腸と際に腸内に注入するものには、グリセリンや微微温湯などが使われる。
イチジク浣腸と呼ばれる浣腸ではグリセリンを肛門から腸内に注入し、便秘解消の効果が特に高いやり方としてしられる。

また、浣腸は病院でやる場合もあるが自宅で個人でも行う事ができ、副作用などがほとんどないことから便秘解消の方法として多くの人が行っている。