看護師紹介ビジネスでの強引に転職を勧めるケースも

看護師不足が叫ばれる昨今、どこの病院も看護師の求人を確保する為に、看護師専門の転職エージェントなどに看護師の紹介を依頼している。
転職を考えている看護師の約25%が転職エージェントに登録し、病院の紹介を依頼している。

看護師を紹介するビジネスが成り立つ理由は、病院から転職エージェントに紹介料が入るからだ。
基本的には紹介した看護師の年俸の20%〜30%の紹介料が転職エージェントに入る仕組みになっている。

その為、看護師は無料で全てのサービスを受ける事ができ、看護師にとっては良い面だ。

しかし近年、度が過ぎた転職エージェントが出てきている。
悪徳転職エージェントは主に、看護師を金券で勧誘したり、無理矢理転職を勧めるケースが増えてきているという。
転職エージェントは全国に数百社あり、競争が激化している事から今後もこのような悪質な業者には気をつけた方がいいとしている。

(参照:看護師紹介ビジネス過熱 金券で勧誘、強引なケースも


このサイトでご紹介させて頂いている転職エージェントはどれも大手で実績のある転職エージェントなので安心して登録して頂いて大丈夫です。
悪質な業者に引っかからないようにも大手転職エージェントを利用するようにしましょう。

看護師になりたい人向けのイベント「信州で看護。」を長野県看護協会が主催

2014年3月20日、12:00〜17:00に看護師になりたい人向けのイベント「信州で看護。」を長野県松本市のホテルブエナビスタで開催される。

近年日本全体で看護師不足だが、特に地方では看護師不足が深刻な問題となっている。
今回は長野看護協会がその問題解決の一環として看護師になろうか検討している人向けに看護師の仕事について話される内容となっている。

看護師の人不足はこれから看護師になろうとしている人に対しては必ずしもマイナスなことではない。
実際、転職しようと思うと沢山の再就職先があり、日本全体での求人倍率は3倍にも上っている。(参照記事:看護師の求人倍率が初めて3倍を超える 愛知県では4倍超えも

また、40代や50代でも簡単に再就職できたり、非正規雇用はもちろん、正社員として働ける看護師も多くいる。
そういった看護師になる事のメリットを今回のようなイベントを行う事で、看護師不足を補っていこうとしている。

イベントには長野県内の約50の病院が参加する。
参加費は無料で、来場者には特典が付く。

【特典】
①事前来場予約をするとQUOカード2,000円分
②交通費として長野県内在住者にはQUOカード2,000円分、県外在住社にはQUOカード5,000円分
③スタンプラリーをすると最大QUOカード2,000円分

これから看護師を目指したいと思っている方、看護師になろうか迷っている方には是非お勧めのイベントだ。

日本看護協会が東日本大震災で被災した福島県、宮城県、岩手県の看護師の求人情報について発表

2011年3月11日に発生した東日本大震災以降、被災地における看護師職員確保は以前厳しい状況であると日本看護協会が明らかにした。
現在も全国にある、日本全国のナースセンターから看護職員確保の支援を行っているが、それでも特に福島、宮城、岩手3県での看護師が足りない状況が続いている。

今回発表されたものは、福島県が200以上、宮城県、岩手県ではそれぞれ100以上の病院・医療機関での求人情報ががある。
常勤・非常勤とも募集しており沢山の看護師からの応募を待っているとしている。

希望の求人があった場合は、担当のナースセンターに問い合わせを行う。
より多くの看護師の方に被災地での看護師不足の手助けになっていただきたいとしている。

以下病院一覧。

福島県の看護師求人情報→https://www.nurse-center.net/html1/contents/pdf/fukushima.pdf
岩手県の看護師求人情報→https://www.nurse-center.net/html1/contents/pdf/iwate.pdf
宮城県の看護師求人情報→https://www.nurse-center.net/html1/contents/pdf/miyagi.pdf

広島県呉市の病院職員寮で殺害された准看護師の元交際相手が自宅で自殺

2013年12月31日、広島県呉市の風呂光沙で勤務していた准看護師の風呂光沙夜香さんが殺害された事件で、警察が事情聴取を行っていた当時の交際相手だった30代男性が自宅で首を吊って死亡していると2014年2月22日に発表された。

風呂光さんは病院の寮で首を絞められて殺害されていたのが発見され、警察が顔見知りの犯行である可能性が高いとして犯人を捜していた。
以前から事情聴取などの行っていた交際相手だった30代の男性が広島県江田島市の自宅で一人で首を吊って自殺していたとしている。

警察は風呂光さん殺害の犯人としてこの男性の確率が高いとしているが、未だ犯人と断定はしておらず慎重な捜査が求められるとしている。

看護のお仕事にNHK朝ドラ「ごちそんさん」主演の杏さんを起用

女優の杏さんが看護師転職サイト「看護のお仕事」のナビゲーターに起用されました。
杏さん現在放送中のNHKの朝ドラ「ごちそうさん」で主演を演じていて、多くの視聴者から指示を集めています。

杏さんは看護のお仕事のサイトのスペシャルインタビューを現役看護師と共に対談形式で行われています。
CMにも起用され多くの方から応援メッセージも届いているようです。

杏さん出演の「看護のお仕事」CMはこちらから↓

現在はどこの病院でも看護師不足が深刻化しつつあります。
有効求人倍率は近年上昇していて全国で3倍以上あると言われています。
これは、看護師が就職を希望した場合、1人平均3つ以上の内定が取れる事を意味します。
働き手となる看護師にとっては就職の際には有利ですが、病院側は看護師が足りずに求人をするもの大変な状況です。

また、看護師は病院に就職後、人手が足りない為に必然的に一人一人の仕事が多くなり、仕事が大変で辞めてしまう看護師も出てきてしまい、悪循環の状態が続いています。
そこで、看護協会は現在、育児で一時退職した看護師や専業主婦の看護師の復職支援を積極的に行っていて、働き手を増やす対策をしています。

今回、大人気のNHKの朝ドラ「ごちそうさん」の主演をしている杏さんが起用された事で、多くの方が注目し、看護師がより良い環境で働けるような職場作りを始めています。

杏さんが起用された看護のお仕事の詳細はこちら→「看護のお仕事

脳死(のうし)

脳死とは死の判定方法。
日本の右派学会では「大脳半球のみならず、脳幹を含む脳機能の回復不可能な喪失」と定義している。

脳死の判定基準として、下記5つの条件が揃い6時間が経過した場合、脳死と判定される。
1.深昏睡、2.自発呼吸消失、3.瞳孔拡大、4.脳幹反射の消失、5.平坦脳波

脳死と判定された場合、患者が目覚めることはほとんど100%難しいとされる。
しかし、脳死だからといって無論「死」ではない。

また、脳死による臓器提供されるかどうかが生前の本人の意思、又は家族に判断が委ねられている。

塵肺症(じんぱいしょう)

塵肺症とは大気中の粉塵が長年にわたり人体に吸収され肺に付着してしまい、肺に慢性的な繊維増殖が起こり、心肺機能の低下が起こる症状をいう。
塵肺症は先天性では見られず、ほとんどの場合が職業的疾患で、石工、陶磁器工などの粉塵が多い作業環境で働く人に多く見られる。
ただ、全ての人に見られる訳ではなく、特に長い期間同じ作業環境で働く人や心肺機能が比較的弱い人は塵肺症になりやすい。
昭和35年に塵肺法が制定され保護措置が取られるようになった。(昭和52年に塵肺症改訂)
しかし、法改定後も塵肺症を防ぐ事には成り得ていない。

無尿(むにょう)

無尿とは一日の尿の量が100ml以下の場合を言う。
無尿とはいえ全く尿が出ない状態、尿が無くなる状態を指す訳ではない。

無尿になる原因人傑流の水分欠乏すること、人機能障害、尿管閉塞などがあげられる。

一日の尿量が400mlは乏尿(ぼうにょう)と言う。
健康な人の尿量は500ml〜2000ml。

日本看護協会が「市町村保健活動のあり方に関する検討フォーラム」について発表

公益社団法人日本看護協会が2014年3月8日(土)10:00〜15:30に開催される「市町村保健活動のあり方に関する検討フォーラム 市町村の保健活動を推進するための“方策”とは ~「保健師活動最適化への最前線」と「統括保健師人材育成プログラム」~」の詳細を発表した。

イベントは渋谷区神宮前の日本看護協会JNAホールで開催される。

このイベントは平成23年度から開催されており、厚生労働省先駆的保健活動交流推進事業の一環として「市町村保健活動のあり方に関する検討」が実施されている。
参加対象者は、保健師、自治体職員等としており参加費は無料。

参加希望者は日本看護協会の参加の旨をFAXもしくはメールにて先着順に受け付けられている。
TEL 03-5778-8844
FAX 03-5778-8478
E‐mail hokenshi@nurse.or.jp

問い合わせは電話もしくはメールにて。
以下プログラム詳細。

【プログラム 詳細】

9:30~10:00 受付開始
10:00~10:10 開会 日本看護協会副会長 菊池 令子
10:10~10:20 ご挨拶 厚生労働省健康局がん対策・健康増進課保健指導室長 山田 敏充
10:20~11:00 市町村保健活動最適化への試み 日本看護協会常任理事 中板 育美

■第一部 試行事業事例発表「保健師活動最適化への最前線」
11:00~12:00 実践事例発表(三重県津市、和歌山県上富田町、山形県鶴岡市)

12:00~13:10 昼食

■第二部 フォーラム 「あなたが変われば組織も変わる! 」(シンポジウム&意見交換)
13:10~14:30 座長 尾島 俊之(浜松医科大学医学部健康社会医学講座 教授) 森永裕美子(倉敷市保健所保健課 主任)

シンポジスト
米澤 純子(国立保健医療科学院生涯健康研究部 主任研究官)
柴山 陽子(川崎市幸区役所保健福祉センター)
清水 智子(新潟市保健衛生部保健衛生総務課 主幹)

■第三部 Coming Soon!!「統括保健師人材育成プログラム」
14:30~14:50 市町村における統括保健師の役割・機能発揮への期待 日本看護協会専務理事 井伊久美子

14:50~15:10 統括保健師人材育成プログラム作成の経緯と提案 日本看護協会常任理事 中板 育美

15:10~15:20 まとめ

15:20~15:30 閉会